年寄りは夢を見る

a0289457_7564662.jpg


敬老祝福礼拝のみことばを
主に感謝します。


その後、わたしは、
わたしの霊をすべての人に注ぐ。
あなたがたの
息子や娘は預言し、
年寄りは夢を見、
若い男は幻を見る。

《ヨエル書 2章29節》


年齢を重ねて“年をとる“ことと
“老化”するのとは別です。

子供も老人も、
主から〈指命〉をいただいているから、
いきいきと生きることができるのです。

「命を使う」と書く〈使命〉。
それは〈ミッション〉であり
神様を信じる私たちにとっては
イコール〈宣教〉です。

年寄りがどんな夢を見ると
神様はおっしゃるのか?

年をとったから、という理由で
終わらせてはいけないのです。
年寄りが見る夢は
周りの人たちに対する夢。
その夢が実現するのを見て
自分の心が喜ぶこと。

どうか、年齢を重ねた方々
あなたの家族や教会の若者、
子供たちのために夢を見てください。

《ルカ 2章36節~》では、
84歳のアンナという女性が
断食と祈りの中で、
夢を見続けていました。
そしてその夢が叶い
誕生した救い主イエスを見ました。
彼女は、エルサレムのあがないを待ち望むすべての人々に、
この幼子のことを語ったのです。


与えられた使命に生きようとする人は
元気です。
自分が必要とされていると
元気になります。


そのとき、
若い女は踊って楽しみ、
若い男も年寄りも共に楽しむ。

《エレミヤ書 31章13節》


夢を見て、
その夢が使命となり、
喜びとなりますように056.gif
[PR]

by ranransmile | 2012-09-18 06:09 | 教会・みことば・神様